裁判離婚するには費用はいくらぐらい掛かる?

裁判離婚する為には、どういう費用がかかってくるのかを調べた上でみました。

裁判離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)をする際に必要である費用は、大きく二つに分かれ、まずは裁判場所に対しての費用と、弁護士に対しての費用があります。

裁判所に対しての費用だからって、これも離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)請求だけする場合と、慰謝料を請求行う事に分けられます。

離婚請求だけする場合は、8二百円の印紙代と、1万円ほどの郵券代が必要です。

そして、財産分与などといった申し立てをする場合は、更に900円の手数料が必要となります。

慰謝料を請求する場合は、請求する金額により費用が異なってくるのです。

次に、弁護士費用についてなのですが、まず着手金として30~60万円くらい、それに印紙代や交通費などの実費が必要でしょう。

報酬金も着手金と同様に、30~60万円くらいが一般的な相場です。

弁護士費用は、結構大きな額になりますので、とりあえず無料相談をされている弁護士さんの所に行くといいはずです。

また、裁判に勝った場合、費用は全て負けた側が払うものと、思ってらっしゃる方が多いですが、それは違いるものです。

裁判の訴訟費用は、負けた側が支払いるかもしれませんねが、弁護士費用は自己負担ようです。

裁判離婚は、費用も時間もかなりかかり、精神的にも辛くなりますから、裁判に持ち込む前に、きちんと勉強する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ