母の日の歴史、由来って?

母の日(何といっても赤いカーネーションですね)の歴史(大阪歴史博物館は隠れた大阪の名所かもしれません)や由来をご存知でしょうか?

母の日は、アメリカのフィラデルフィアに住んでいた女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)、アンナ・ジャービスさんによっては作られた記念日になるはずです。

敬愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)する母が亡くなった事で、アンナ・ジャービスさんは、母を敬う日を作ろうと言う運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を起こしました。

このアンナ・ジャービスさんの運動がアメリカ中で広がったことから、1914年に、5月の第二日曜日が母の日(何といっても赤いカーネーションですね)と制定されたと呼ねれているんです。

これが母の日(エプロンを贈ったことのある方も多いのではないでしょうか)の歴史、由来とされているんです。

それに、母の日(日頃の家事に感謝して、カレーなどを子どもとお父さんで作るという家庭も多いかもしれません)というと、カーネーションのイメージがありますよね。

これもアンナ・ジャービスさんによる提案となっているのです。

彼女の母が好きだった花が、カーネーションでした。

そこで、アンナ・ジャービスさんは、母の祭壇に白いカーネーションを飾りました。

そのため、亡きお母さんには白いカーネーション、健在のママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)には赤いカーネーションを贈ると言った習慣ができただと言えますね。

日本では、大正時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)から母の日(何といっても赤いカーネーションですね)が少しずつ広まり始めました。

しかし、一般的に知られ始めたのは1937年で、森永製菓による告知で広まったのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ