チワワってどんな犬?

チワワは、世界で公認されている犬の中で、最も小さな種類(時には新しく発見されることもあるようです)の犬です。

そのルーツには諸説あるんですが、メキシコのチワワ(寒さに弱いので、秋冬には服を着せてあげるのもいいでしょう)地域が原産地であるとされています。

体高は15~23cm、体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は畭なるものです)は0.5~3kgで、そのなかでもポケットサイズのチワワ(平均的な寿命は15歳くらいですが、7歳頃から老化が始まるといわれています)は、「ポケット(服についていて、何か小さいものを入れられるようになっている袋です)ドッグ」とも呼ばれる程の小ささです。

毛色は、単色でブルー、チョコレート、また2色のパーティー(社交や交流、親睦のための集まりをいいます)カラー、三色のトライカラーと、他の犬種と異なり豊富にあるのがチワワの特徴です。

毛質も、ロングコートとスムースコートに分かれていて、どのチワワ(寒さに弱いので、秋冬には服を着せてあげるのもいいでしょう)にするか迷ってしまいますよね。

日本では、あるテレビCMで爆発的な人気になりましたが、その人気(芸能界などは水物なんていいますよね。一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)も落ち着きをみせているようです。

性格は、友好的で甘え上手。

チワワ(その独特の額の形を「アップルドーム」と呼ぶのだとか)のあの大きな瞳に見つめられてしまうと、何でも言う事を聞いてあげたくなるのですね。

けれど、自意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)が強い一面もありますので、甘やかし過ぎると飼い主のいうことを聞かなくなってしまう事もありますよ。

如何にチワワ(その独特の額の形を「アップルドーム」と呼ぶのだとか)が可愛らしいからと言っても、躾はちゃんと行うようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ