中性脂肪を下げるお茶がある?

中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)を下げるお茶があるのは事実であり、中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)をお茶で下げる事ができるのは、お茶に含まれる成分が関係していると言えるでしょう。

お茶の中でも緑茶には、カテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)と言う脂肪を燃焼させる作用のある成分が豊富に含まれていて、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)の吸収を防ぎくれるとも考えられているのです。

カテキンには苦味があるとは言え、通常の緑茶には苦味を感じるほどの量のカテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)は含まれていませんので、緑茶にはあまり苦味と言うものがないのです。

今では、コンビニやスーパーなどで、カテキンをたくさん含んだお茶などが販売されていますが、飲用して見たら確かに苦味があって、緑茶よりもとても苦いです。

しかし、食事を摂取する前や食事と同時に摂取する事により、脂肪の吸収を緩和してくれます。

通常の緑茶などと比較して、カテキン(血圧の上昇を抑制する作用、血糖値や血中コレステロールを調整する作用、抗菌作用があると考えられています)が豊富に含まれているお茶は、価格がやや高めになってしまうようですが、それだけ効果を持つと表現しても良さそうですね。

脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の燃焼を補助してくれるカテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)ですから、中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)の燃焼にも効果を発揮することでしょう。

大量に飲む事によって中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)が下がりやすくなると言った訳ではないのですし、即効果が出るわけではありませんが、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)と同時に飲用するのもいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ