なぜ女性に多いの?

一般的に、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)のほうが皮下脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が多く、雪山での遭難や海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。
紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)難事故の場合、男性より女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の人が圧倒的に生存率が高いと言われているそれなのに、なぜか冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)は圧倒的に女性が多いのではないでしょうか。
男性が暑がっている部屋で、女性が「寒い寒い」と言う事もなどは誰にでも経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)があることではないでしょうか?それでは、何故女性に冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)が多いのでしょうか。
冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)の原因としては、血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)が一番大きな要因と言われているものです。
ですので、血行が滞りやすい身体の先端、特に足先が冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。
疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)る人が多いものです。
また、座った姿勢で長時間過ごさなければならないOL(人間関係がとても大変そうですね。
だいたいどこの会社にもお局様的な存在がいそうです)ともなると、お腹や腰の血行が滞って冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。
疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)る人が多いのです。
つまり、冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)に脂肪の有無はあまり関係ないと言う事です。
それどころか、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が多すぎる場合には、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)によっては血管を圧迫する力が強く働くため、むしろ血行が悪くなる傾向さえあるみたいです。
女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)なんだったらホルモンの関係で、元々冷え性になりやすいとも言われているのですが、冷え性が女性に多い一番の要因は、「筋肉量が男性より少ないから」というもの。
筋肉は特に運動をしていない時でも熱を作り出し、カロリーを放出行う事が知られています。
これが、いわゆる「基礎代謝」かも知れません。
筋肉は存在しているだけで熱を作り出すんですが、一般的にはその筋肉量が男性より女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の人が少ないために冷え性になりやすいためす。
女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)でも体を鍛えていて筋肉量が多い人には、冷え性(日頃の服装や生活習慣を見直すことで改善できるでしょう)の人はほとんどいないだとされているのです。

双子の子育て
一人でもたいへんな子育てですが双子となるとその悩みは多岐にわたってきます。そんな育児の相談ができるサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ