実用英語技能検定の受験概要って?対策は?

実用英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)技能検定は一級から5級まであり、当然ながらレベルによっても概要も違ってくるのです。

【1級】大学上級レベル
◆一次試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)
筆記(マークシート(特定の領域を塗りつぶすことで、機械による集計が可能な帳票です))100分・リスニング(一昔前はよくヒアリングといわれていましたが、リスニングが正しい表現です)30分
◆二次試験
質疑応答(スピーキング)10分
【準1級】大学中級レベル
◆一次試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)
筆記(マークシート(記述式に比べると、まぐれ当たりで正解できる可能性もなくはありません))90分・リスニング二十五分
◆二次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)
質疑応答(スピーキング)8分
【2級】高校卒業レベル
◆一次試験
筆記(マークシート)75分・リスニング(一昔前はよくヒアリングといわれていましたが、リスニングが正しい表現です)25分
◆二次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)
質疑受け答え(スピーキング)7分
【準二級】高校中級レベル
◆一次試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)
筆記(マークシート)65分・リスニング(正式な名称はリスニングテストで、英語圏ではリスニング・コンプリヘンションといわれるそうです)25分
◆二次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)
質疑応答(スピーキング)6分
【3級】中学卒業レベル
◆一次試験
筆記(マークシート(記述式に比べると、まぐれ当たりで正解できる可能性もなくはありません))40分・リスニング(話せるようになるためには、何よりも必要となるスキルでしょう)二十五分
◆二次試験
質疑受け答え(スピーキング)五分
【4級】中学中級レベル
◆一次試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)
筆記(マークシート)35分・リスニング25分
【5級】中学初級レベル
◆一次試験
筆記(マークシート(いかに効率よく塗りつぶすかも、試験対策としては大切でしょう))二十五分・リスニング(語学試験や大学入試などで、外国語の音声を聞き、理解する能力を測るテストをいいます)20分
中学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)や高校生が受ける場合には、特に大きな対策も必要なく、準2級レベルの試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)なら、普段の授業に支障がなければ、まず問題ないと言っていいと思います。
対策が必要になってくるのは、やはり2級以上の試験になります。
特に、一級の取得はたいへん困難みたいです。
中には、専門の英語教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)に通って対策をやる人もいるみたいなんですが、独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)で勉強する方もたくさんいます。
英検取得用の専用書籍や問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)なんかも販売されているので、そういうものを使う方も多いんです。
それに、スピーキング力とリスニング(専用の教材が売られているほど、近頃では一般的になってきていますね)力の為には、英会話(CMではよく子どもや有名人を起用していることが多いものです)教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)や留学など、直接英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)に触れる機会が必要不可欠です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ