行政書士になるには独学でも大丈夫?

法律の専門家である行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)。
国家試験(難易度が高い分、合格すると高いメリットがあるはずです)に合格しなければなることができないのですが、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の国家試験はけして簡単ではないものです。
平成1二年の規制緩和によって受験資格が廃止となりましたが、その際に、受験内容も改正されました。
受験生泣かせといわれておりた論述問題が廃止され、試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)方式が選択・記述問題のみとなったのは、論述が不得意な受験生にとっては大いに歓迎すべきということですね。
しかし、試験全般の傾向としては応用力が必要となり、過去問(インターネットサイトの中には、無料で閲覧できるサイトも少なくありません)を使った暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)中心型の勉強方法のみでは対処できなくなったのも事実です。
また、平成18年度から、法律の思考力・理解力を問うような内容にも変更されました。
こんな行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の試験そうはいっても、果たして独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)で合格出来るのでしょうか。
かつてと比較すると難しくなった行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)、独学(学校などの教育施設で先生や講師に教わるのではなく、一人で勉強をすることをいいます)でも合格できないことはありませんが、?ある勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)時間と勉強量が必要なのです。
独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)には、マイペースで勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)が出来る、費用が無料だと言うメリットがあり、ネットを活用することで、法令の解説や出題ポイント(部分という意味もありますよね。
アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)などを知ることもできます。
ただ、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格するのは、特に1回で合格することは限りなく難しいといえます。
通常は何年間にも及ぶ長期的にの勉強が必要であることを覚悟したほうがいいでしょう。
可能な限り早く試験に合格したいといった場合は、やっぱり通学や通信講座での勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)をオススメします。
独学(学校などの教育施設で先生や講師に教わるのではなく、一人で勉強をすることをいいます)よりも勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)の効率化が図れるうえ、良質な教材があって、合格までの勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)の仕方や試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の攻略法などといったノウハウも得ることが出来るでしょう。
独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)にするか、通学・通信がいいか、それぞれのデメリット(事前に想定することでその規模を小さくしたり、回避したりすることもできるかもしれません)とメリット(昔からある花王のシャンプーの名前でもありますね)をよく考えてから、決めると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ