九州でカニが楽しめて泊まれる地域って?

九州でカニが楽しめて泊まれる地域としては、佐賀県と長崎県の境目に存在している太良町という町がよく知られているでしょう。
有明海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。
紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)でよく水揚げ(水商売の売上のことも水揚げといいます)される渡りガニは、「竹崎ガニ」とか「太良ガニ」と呼ばれていますね。
たら竹崎温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)・太良嶽温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)には、この竹崎ガニを味わうために、多くの観光客が訪れます。
竹崎ガニは年間通して食べる事が出来て、特に夏は淡白な味わいのオスが、冬は卵と味噌が詰まった濃厚なメスがおいしくなるのだとか。
竹崎ガニの食べ方は、塩茹でにして身のキュっと締まった姿煮や、焼きガニで甲羅に地酒を注いで飲む甲羅酒(カニの甲羅に日本酒を注いで火を通すというお酒飲みにはたまらない一杯です)も人気なんです。
温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。
無色透明で少し塩分を感じるお湯は、お肌をしっとりとなめらかにしてくれます。

中でもお勧めのお宿は、星降る露天と「竹崎ガニをおいしく食べて欲しい」と言う亭主の思いが詰まった逸品である「かにまぶし」が名物の「豊洋荘」。
それに、有明海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)を臨むロケーションがバツグンの「海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)上館」、竹崎ガニと同時に、海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)の幸を存分に味わえる「旅館 平浜荘」。
オリジナルの松華堂蟹会席が自慢の「鶴荘」。
それから、おいしい竹崎ガニ料理と佐賀牛、車海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)老やサザエなんかの海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)の幸が味わえる豪勢な食事とオーシャンビューの眺めの良い客室におもてなしの良さで人気を誇る太良嶽温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)「蟹御殿」。
蟹御殿は、宿泊客の評判もかなり良くリピーターも多いので、特にお勧めしたいお宿になるでしょう。
九州でカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)を楽しむなら、たら竹崎温泉・太良嶽温泉に足を運んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ