住宅ローンと家とマンションの買い替え

家を買い替える際は、今住んでいる住宅を最初に手放してから、次の家やマンションを買うか、逆なのか考える必要があります。最初に買うときには、時間をかけて次の住居を見つけられるけれど、契約してから、売ることになるため、早めに売却する必要があります。住宅ローンが残る際には、二重にローンを抱える危険もあります。最初に売却するなら売り急ぐ必要はありませんが、新居が決まらない際には一時的に住まいを賃貸することもあります。あなたの情態を考えて判断してください

住み換えたいけど、今住んでいる不動産の住宅ローンが残っているというような場合は少なくありません。実際問題として、大勢の方が住宅ローンの返済がすんでいない状態で、家を手放しています。家の査定価格が、売却のときにかかる仲介手数料等の経費と住宅ローンの返済の残りの額より多ければ、その金額を新しい住宅のための元金に当てられます。仮に、少なければ、元手を準備する必要がでてきます。住宅の買い取り査定価格は各々の仲介会社ごとで100万単位で変わってきますので複数の不動産仲介業者に見積りをしてもらうことが重要です。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ